2015年03月13日

任期付き、続けてます。

しあわせみつけた(4)〜突然ハッピーウェディング

今、そこにある幸福!どーも、空いつかです。
全くココロに余裕のない日々が続きすぎたせいか、今週は3日半も休んでしまいました(XoX)。どーしても現場で作業をしなければならなかった日以外は全部休んでしまった…(涙)。そのおかげで、来週は復活できそうです。それはともかく…

おめでと〜(^^)/。ということで職場でめでたく新婚さんが誕生しました!
ソライツ的にはダンナ→奥様のアプローチ中(つまり付き合う前ぐらい)なんじゃないかなーって思ってたのですが、そんなソライツの推測よりも遥か先を二人は歩いていたという…

今回の二人とソライツの3人でとあるプロジェクトを進めることがあったのですが、その時に「この二人は何となく怪しいんじゃないかな〜」と思っていました。(他人の)コイバナ大好きなソライツとしては何となく内偵を進めていたのですが、そんな矢先、3人で食事をしている時に衝撃の発言があったわけです。

二人の報告を受けた時、『え、二人って付き合ってたの?』『それかたまたま日が重なっただけ(普通そんなこと起こらないよな…)』『ってことは前から付き合ってたってこと?』と言うようなことが頭の中をぐるぐると駆け巡っている間に、相当おかしな顔をしていたらしく、「報告した人の中でソライツが一番面白い顔をして固まってた」って言われてしまいました…(汗)

最近暗い話題が多い職場だったのですが、久しぶりに明るい話題でした。ともかくお二人とも末永くお幸せに〜!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 空いつか at 22:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 任期付き、続けてます。

2014年01月29日

任期付き、続けてます。

サバイブ・アズ・研究職

サバイブ・アズ・研究職どーも、空いつかです。ソライツの住んでいる地域では、一時、凍えるぐらい寒い日々でしたが、最近は穏やかな気候が続いているような気がします。今のところ、風邪に倒れることもなく、日々仕事に追われています…

さて、今回はアカデミックに生き残るために必要な資質(?)について考えてみたいと思います。
今のアカデミックは楽園ではありませんよね。でもなぜ残っているか。それは『残りたいから残る』に尽きるんじゃないかと。そりゃ、残りたいから残ってるんだろう、というわかったようなわからない話ですが、残りたいから残っている、って実はすごいことだと思いませんか?

ソライツがアカデミックライフの中で出会い、一線で研究者を続けている人々は「ほんと〜に研究大好き」な人々でした。さらに上のクラスになると「そもそもアタマの作りが違う」という次元になりますが、根本で共通することは「研究大好き」です。研究が大好き、楽しくて仕方がない、というのがベースにあって、その上で競争に勝っていける人じゃないと今後はアカデミックの特に研究職では生き残っていけないんじゃないかと、そんな風に思います。

現実問題として、ポストや予算が絞られすぎて、「好きじゃ無いとそこまでできない」というレベルの世界になってしまっているのかもしれませんが、研究大好きな人たちが集まるから、本人たちは心から楽しいと思える高いレベルの議論を行うことができる、ということが重要なのではないでしょうか。なので、何となく「研究者ってもの」を目指したいなーと考えている人は、自分の適性だけで無く、その辺りを考えておいた方がいいかもしれません。

ソライツの場合は、「研究はまあ楽しいと感じる」程度の人間だったため、遅ればせながら研究職の道を進むのはやめました(それでも10年続けてこれたのは単に環境に恵まれてただけです)。一方「技術的追究大好き」なので、たまたま研究に関わる技術開発の道を進むことになりました。こちらは「大好き」と言えるのでそれなりに生き残れる…といいなぁ…

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 空いつか at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 任期付き、続けてます。

2014年01月04日

任期付き、続けてます。

2014年、今年もよろしく!

謹賀新年2014新年明けましておめでとうございます。空いつかです。
年が明けて数日、いかがお過ごしでしょうか。

昨年の年頭にも書きましたが、ソライツの毎年の願い「心安らかな年」。毎年、今年こそはと思いつつ気がつけばそんな年になるわけも無く1年が終わってしまうわけですが、みなさんはどんな感じでしょうか。まあ、全く心安らかな年になってしまうとそれはそれで退屈な日々なので日常を壊れず壊さず、そんな日々がいいのかなとも思います。

前職(正確には前々職ですが)の任期切れからほぼ1年、関わる専門分野も変わり、色々な人の助けでようやく学位が取れたりと、全く落ち着きのない年でしたが、振り返ってみると、去年の今頃は今の職場に行くなんてつゆほども思っていなかったわけで、いつもながら任期切れというのは何が起こるかわからないなぁと今更ながら思ってみたりして。

一方、一般企業に勤めている友人たちはそろそろ飛躍の年らしく、「今年は海外赴任になりそう」とか「単身赴任してる」とか、それぞれ頑張っているようで、日々ほけーっと過ごしている自分と比べて若干落ち込んだりもしますが、それはそれ。今年も自分がちょっとだけ頑張れる範囲で頑張っていこう(ソライツ的には『+1だけ頑張ろう』と言ってますが)と思います。

なんだかわからない文章になってしまいましたが、今年もソライツ日和、ゆるゆると続けて生きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。無理せず行きましょう、アカデミックライフ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 空いつか at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 任期付き、続けてます。

2013年12月24日

任期付き、続けてます。

クリスマス・パーティー

クリスマス・パーティーどーも、空いつかです。
気がつけば今年も大詰め。今年は珍しく、クリスマス前に年賀状の準備が終わりました。やれやれ…

さて、今日は少し季節の(?)お話。みなさん、パーティーしながら実験してますか?
みんなで盛り上がってたら、誰かの胸元でキッチンタイマーがピピピ…、「あ、ゴメン」といいながらそそくさと実験室へ行くメンバー。でも、別に誰も何も言うことなくパーティーは続いたりして。その他、「書類を作らないとダメだからつぶれる前にデスクに戻る(リーダークラスの人に多い)」、「真剣に実験の結果について議論が始まる」、アカデミックに籍を置く方々なら経験があると思います。

最近は敷地内で飲酒禁止となっている組織が多くなってきているようで、イキナリ酒盛りを始めることは減ってきていると思いますが、お酒が無くても人が集まればパーティー(のようなもの)が始まることがあります。アカデミックの研究室は基本的に夜が遅いので、ふとしたキッカケで話が弾み、いつの間にやら残っていたメンバーが集まって、パーティーのようなものが始まることがあります。そこで上の話につながります。普通、残っている人々は実験中だったり書類作成中だったりするので、「お呼び」がかかるわけです。

ただ、研究機関は通常不便な場所(辺境とも言う)にあるため、そこで雰囲気に流されて飲んでしまうと、歩いて帰らなければならないということになってしまいます。まあ、大概は「どうせすることがあるし、それなら帰らない」という選択肢になってしまうようです。そうなってしまった場合は予想通り仕事はあまり進まなかったりするわけですが…

これを読んで、「クリスマスも実験? どうかと思うなー」と感じるならまだまだ真人間。その先の闇に染まっていくか、それを避ける進路を取るか、決断するまでの時間はあまり残されていないかもしれません…。ちなみにソライツの職場でもクリスマスパーティーをやるぞー、という雰囲気になっていますよ(^^)。ともあれ、素敵なクリスマスを。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 空いつか at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 任期付き、続けてます。

2013年12月10日

任期付き、続けてます。

研究者、検索したらすぐ発見…かも

見つけて!?Google先生!どーも、空いつかです。この時期ってこの程度の寒さだったかな?と若干物足りないようなほっとするような、そんな冬の入り口ですが、皆さんの地域ではどうでしょうか。この分だと、クリスマス寒波がどかーんと来るかも…

さて、年末ですね。忘年会やら同窓会やらそろそろ賑やかな頃でしょうか。
ソライツは地元から遠く離れた地にいる上に、任期付き暮らしを続けているうちに昔の集まりにもあまり参加しなくなってしまいましたが皆さんはどうですか? 「同窓会には幸せな人とカ○が来る」と遥洋子氏は書かれていますが、おそらくそうだろうな、と思ったりして。以前の「この想い、あなたに届け」でも書いたように微妙な感情なわけです(汗)。

まあそれはともかくとして。アカデミックに長くいる研究者はその気になれば案外簡単に見つけることができるよ、というのが今回のお話です。研究者は、あるテーマを研究してひとりで喜んでいればいいわけではなく(それじゃただの趣味です)、研究結果を成果として発表することが求めらます。企業の場合は研究の結果が新たな商品やサービスとして世に出て行き、個人の名前が出ることはあまり無いと思いますが、アカデミックの場合は基本的に「成果を出した」というステータスはその個人に付くため、個人名(および共同で行った人々)が前に出てきます。

そんなわけで、まっとうに研究をしている研究者なら年に1度(分野によって頻度は異なります)ぐらいは何らかの発表を行っているはずなので、検索(Google先生で十分です)すればそこから所属などを知ることができます。最近は研究者データベースなどが整備されているので、出身大学ぐらいがわかっていれば、経歴と所属、場合によっては勤務先メールアドレスなどもわかります。ソライツもこの記事に合わせて、しばらく合っていない昔の友人を検索してみましたが、あっさりとメールアドレスがわかってしまいました。ちなみにソライツ自身を検索してみると、今の職場はメンバーの写真も公開しているので写真付きで出てきました(いいのか悪いのか…)。

そんなわけで、年末に「そーいえば、大学で研究してるって言ってたアイツはどうしてるかなー?」って思った場合、検索すればすぐに出てくると思います(多分、人づてに連絡先を聞くより早い)。ただ、任期付きを続けていた場合、いろいろと複雑な感情があるので、その辺り感じ取ってもらえたらなと思います(汗)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 空いつか at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 任期付き、続けてます。