2012年09月20日

任期付き、はじめてみる?(入門編)

職探し、任期付きの場合(基本編)

キホンのJREC-INどーも、空いつかです。
今回は「職探し」の話です。言うまでもなく、任期付きは正規職員と異なり、転職活動にその人生を見いだすといっても過言ではありません。まさに人生の分岐点が数年おき、時には突然やってくるのです。このスリルは、なってみないとなかなかわかりません(^^;。

さて、アカデミックな転職活動のキホンについて。
王道は通常の転職と変わりません。目指す先が一般企業ならリ○ナビなどの転職サイトに頼るもよし、ハローワークを見るもよし。一方、アカデミックへの転職はどうでしょうか? 転職サイトは掲載にお金がかかるので、財政的に厳しいアカデミック業界はあまり見かけない気がします。まあ、あまりマ○ナビとかでもアカデミックは探さないですよね(^^;

ではどこに載っているか?
基本的にアカデミックポストは公募という形が採られるので各研究機関や大学のWebページに求人情報が出されます。トップページを探せば「採用情報」といった項目があるはずです。

行きたいところがあればこまめにチェックするのも手ですが、それもなかなか大変です。今回紹介しているJREC-IN( http://jrecin.jst.go.jp/ )。これはJST(科学技術振興機構)が運営している専門職求人情報サイトで、正規、非正規を含めアカデミックな求人が掲載されています。職によっては企業(専門職ベンチャーが多い)からの求人が載っている場合もあります。

研究人材紹介(マッチング)サイトとしての性質もあるので、自分のスペックや紹介文を登録しておけば、求人している機関から連絡が来ることもあるようです。これがどのぐらいの頻度かはわかりませんが、ソライツには一度だけ来たことがあります(求められる人にはもっと来るのかな?)。

運営母体は国ですし、利用するのにお金もかかりません。アカデミックな職を探している場合はとりあえずサイトを覗いてみて、登録しておくとよいかもしれませんね。最近は外部求人サイトとの連携も始まったようです。

転職活動はめんどくさいですが、次に人生が分岐するまでのルート探しです。手を抜かずに頑張って探したいものですね。
任期付きは今日もセツジツなので、職探しの基本は押さえておきたいところです。

タグ:職探し
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58317722

この記事へのトラックバック